【健瀧ゼミナール 055】「人為は虚しい」と荘子はいう「現代は権力と金の偽装時代である」と小中健瀧はいう


私は世界の総括論をよく、以下の様に説明する。 ユダヤ教(BC13世紀)二大分裂キリスト教・イスラム教)から、ギリシャ神話期のBC8世紀以前から哲学の代名詞であるギリシャ哲学の第1期イオニア哲学派といわれるターレス(BC6世紀)の自然への根源性を追求した哲学が起こる。 後のパロール(言葉)やロゴス(理性)を中心に存在論を追求し唱える第2期ギリシャ哲学(BC5世紀~BC4世紀)といわれるソクラテス、プラトン、アリストテレスの時代を迎えるのである。

それから、ヨーロッパ中世のルネ・デカルト(フランス1596~1650)のコギト・エルゴスム「我れ思うが故に、我れ在り」、心身分裂の二分法からアイザック・ニュートン(イギリス・万有引・物理力学)の機械論的な造物化の中世から、ポスト・モダンイズム(近代構造主義)なるものが産業革命と称し、ヨーロッパ諸国への侵略から、アジア圏の植民地政策、そして奴隷化・奴隷貿易へと、エスカレートして行った。 それが、アメリカ大陸のネーティブアメリカンへの3000万人虐殺やアフリカ大陸も、虐殺・植民地化・奴隷貿易と、何処も同じ手法で侵略をして行った白人種アングルサクソンとは一体何者か?まさにキリスト教のいうサタンではないか? ここでよく解ることは、人間の創る神話は神格化をつくり、一神教化することである。 それが後には、必ず腐敗した組織カルトが生まれたのも一目瞭然である。 これは只ヨーロッパだけでのことでは無い。日本も棚の上に上げることは出来ない。 時代から言えば、大和朝廷時代から道教的な知恵と呪術を持った渡来人達に怯え、そそのかされ、現在の日本の近畿地方の古代豪族達が連合し統一さされ、造られた大和王権の共同体である。 そのポストに就いたのは当然、天文学・漢字・地図・暦書・方術など、当時の日本の文明には及びもつかない、天賦の知恵と呪術を持っていた渡来人を「神」として崇め奉るのは当たり前である。 だから日本の天皇は、三世紀から四世紀の古墳時代につくられた渡来人の偉人であることは当然のことである。 また国家統一の強化の為に、天武天皇と藤原不比等が作為的に古事記の編纂を太安万侶を使って道教の文献の淮南子をモデルにして、偽装創作神話をつくらせたのも、偽装社会をつくための当時の権力者の常套手段である。 話を戻しますが、西洋も東洋もこれは神からモノ、心からモノへの唯物論への価値転換のまさに、ターニングポイントが起こったのである。 それがグローバルスタンダードの始まりである。 自然から言語的正統化を唱える哲学はあくまでも、自然を忘れた実体のない偶像的な、自然と心から遊離した快楽的なモノへの創造である、ヨーロッピアンモンスターを創り出したのである。


特集記事
最新記事