【健瀧ゼミナール 036】 台風も去りその有り難さを味わう中で


私はいつも、一挙一動、一期一会の現れについて、その理を考えます。

また、お会いする方々の人生やその心と思い、その方々への悟りと精進を願わない時はありません。

ちっぽけな自分にとらわれるのではなく、この前に講座で話しました、この7日までの9月の「四緑木気」の気の象意を、私は、太陽と地球と月と地球、そして太陽と月と地球が働き、この大宇宙や大自然、森羅万象の中で、生きとし生けるもの、すべてのものとの繋がりの中で、今このように生かされている自己が在る、と解いています。

自然体に委ねるのですが、その中で今日、私がなすべき事を今、浮かべています。

だから大宇宙・大自然、神々、仏への朝のお祈りを始めます。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ご連絡・お問い合わせフォーム

小中 健瀧(こなか けんりゅう)

日本理気学会 代表理事

​シュヴァイツアー協会 日本事務局顧問

環境理気学研究所 所長

統合医療研究会 会長

Supported by ビジョナーズ株式会社

© Since 2015 BY VISIONERS created with Wix.com