【健瀧ゼミナール 012】陰陽五行とは


今回は五行大義で、ご存知の皆さんの関心のある「陰陽五行とは一体何なのか?」ということで述べてみましょう。

周知の通り、陰陽五行説は陰陽説と五行説が統合された思想であります。

陰陽説と言うものは諸子百科の一つで、陰陽家の揚げる理論であります。

そこで諸子百科ということの説明をしましょう。

諸子百科というものは中国の春秋戦国時代に登場した思想家、学術団体の総称。

一般的には陰陽家、儒家、墨家、法家、名家、道家、縦横家、雑家、農家、小説家の十家をいいます。

まずは陰陽家の陰陽説から述べてみましょう。

陰陽家はこの世に存在するものをすべて陰陽に分け、事象を説明します。

具体的にいえば、陽の気は剛・君・夫・上・外・表・動・進・起・迎・前・左・徳・施・開の字義で、陰の気は柔・臣・ 妻・下・内・止・退・伏・低・後・右・刑・蔵・閉・妾・財の字義で あります。

天の気である、天干の十干を陰陽の気に分ければ、陽気は甲・丙・戊・庚・壬で、陰気は乙・丁・己・辛・癸です。

そして地の気である十二支を陰陽の二元気に分ければ、陽気は子・寅・辰・午・申・戌で、陰気は丑・卯・ 巳・未・酉・亥であります。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ご連絡・お問い合わせフォーム

小中 健瀧(こなか けんりゅう)

日本理気学会 代表理事

​シュヴァイツアー協会 日本事務局顧問

環境理気学研究所 所長

統合医療研究会 会長

Supported by ビジョナーズ株式会社

© Since 2015 BY VISIONERS created with Wix.com