【健瀧ゼミナール 010】人類が背負った宿命


人間社会の壮年時代 人類社会の歴史を人間の一生に例えてみるならば、いまや人間は間違いなく青年期をを超え、壮年時代に入ったといわざるおえないのである。

それは1945年8月6日に、私の故郷である日本列島の広島 に始まったのである。

この日アメリガは空軍のB29に乗せていた原子爆弾によって、一挙に20万人近い人々が殺傷されたのである。そして広島の街は焼け野原になったのである。

その放射能の影響は50年以上の年月を経った今も被爆者におよび続けているのである。

さらに8月9日にこの原子爆弾は長崎に投下された。

まさにこの世の、悲惨な生き地獄をみせられたのである。

それも10万人を及ぶ膨大な人命を失われたのである。

このアメリカによる原爆投下は、ごく短期的には大日本帝国の降状、その敗戦をもたらす決定的な契機となったが、人類が自らを滅ぼしうるだけの巨大な力を、自然の中から開発をしたといういたがう余地のない厳粛な事実を、多大な犠牲を払って結果的な明確にしたという点で、人類の歴史に時期を画することになったのである。

そして実際にこれ以後のたいこくのあいだでの核兵器開発 をめぐる激しい競合の中で、人類は1歩その歩みを間違えれば、死滅する危機にさらされているのである。

その危機は永遠に続くのである。

その事を今、人類は何を思いかんがえているのであろうか?


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ご連絡・お問い合わせフォーム

小中 健瀧(こなか けんりゅう)

日本理気学会 代表理事

​シュヴァイツアー協会 日本事務局顧問

環境理気学研究所 所長

統合医療研究会 会長

Supported by ビジョナーズ株式会社

© Since 2015 BY VISIONERS created with Wix.com